山中千尋ライブ

JJazz netというインターネットのジャズ番組があるのだけど、そこがヤマハとタイアップしたJAZZライブの招待券が当たったので、銀座のヤマハホールまで足を運んだ。

ヤマハホールは初めてだったが、ほぼ全ての内壁が木でできており、こじんまりとした良いホールだった。出演は山中千尋という、NYで活躍しているピアニストを中心としたトリオである。山中千尋はとても小柄な女性なのだけど、演奏が始まるといきなり力の入った迫力のある演奏を繰り出してきた。感じとしては、オスカー・ピーターソンにちょっと山下洋輔を入れたような、超絶技巧+アバンギャルドなスタイルだ。佳境に来るとほとんど中腰での演奏となり、見ていて楽しいプロのエンタテナーである。

今回はヤマハとのタイアップということで、ヤマハが新しく出したグランドピアノを再現できるというハイブリッドピアノを使っての演奏だったが、アコースティックでないピアノという感じはしなかった。まあこの人が弾けば、正直あまりピアノは関係ないと思う。

途中で司会とのトークの時間があった。この人が前回来日時にヤマハに録音に来たときに丁度震災に襲われたが、日本にいるのが3/11だけだったので、余震のあいまに録音を完成させたそうである。ちなみに、昔は家にピアノとチェンバロがあり、その下で寝ていたとのこと。これが落ち着くのだそうだ。まあそんな人でないと、本場NYで活躍はできないのかもしれない。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です