十二神将

昨年はコロナの影響で油絵第2作に薬師如来を登場させました。特に深い意図はなかったのですが、薬師如来に興味が湧き、薬師如来には如来および信仰者を守護する十二神将と呼ばれる脇侍(家来ですね)がいて、この仏像群がなかなか魅力的...

小村雪岱展

複製芸術家としての小村雪岱 今回は日比谷図書館の中にある文化館で開催された、「複製芸術家 小村雪岱 装幀と挿絵に見る二つの精華」と題する展覧会に行ってきました。小村雪岱は大正から昭和初期にかけて装幀、挿絵、舞台芸術などで...

舟越桂 「私の中にある泉」展

今日は絵画教室で教室の展覧会に出す作品を最終化する予定でした。ずっと制作に従事しているわけでは決してないのですが、最終段階に来ると制作以外の事柄が疎かになり、ブログの更新とかSNS関与が消失してます。 色々と変遷を繰り返...

展覧会の下書き

このブログ、最近はすっかり写真いっぱいの旅行ブログと化した感があります。写真は昔からの趣味で一眼を常に持ち歩いているのですが、どうも綺麗な写真をブログに盛り込むことに囚われて、日々湧き出てくる思考を書き留める頻度が極端に...

アーティゾン美術館

展覧会には時々足を運んでます。たいてい小さな美術館やギャラリーですが、たまに大きな美術館を訪れることもあります。先日新しいアーティゾンという美術館に行きました。石橋コレクション主体のブリジストン美術館だったものが、新しい...

ピーター・ドイグ展

絵の教室で講師の方に具象表現の参考になるからと勧められ、竹橋の近代美術館で開催中のピーター・ドイグ展に行ってきました。 ピーター・ドイグって講師に勧められるまでは全く知らなかったのですが、現在の具象ではかなり有名な画家の...

近代美術館と東御苑

竹橋の国立近代美術館が今日から再オープンしたのでさっそく行ってきました。WEBでの予約が必要ということもあり、予想通り常設展の来場者は各階に数人程度、ガラガラでゆっくり鑑賞できました。 自分としては山を主題にした次の油絵...