ちゅーとにゃーときー

なんかもう「空想絵本館」になってきた。今日の絵本はまたテキトーな感じの表紙だが、期待に違わず本当にテキトーである。

作者のデハラ ユキノリはフィギュアイラストレーターという肩書きで、これまたテキトーなフィギュアを作っている人だ。物語は土佐弁で語られるが、これが意外と分かる。たぶん、司馬遼太郎の「竜馬がゆく」のセリフが頭に入ってるからだろう。

とにかく日本のイラストレーションの世界はすごい。テキトーな世界で勝負する人だけでも数えきれない。そこから這い上がってくるのだから、皆筋金入りの面白さを3つくらいは持っている。

何度もテキトーと言ったが、絵の力強さと諧謔性において独自のスタイルを持っていると、最後に言い換えておきたい。

絵本

Posted by artjapan