平林寺と野火止用水

天気がとても良かったので、紅葉の名所である平林寺を尋ねることにしました。新座から平林寺を経由し清瀬に至る野火止用水沿いの遊歩道を歩きます。

新座駅から南に歩くと野火止用水沿いの遊歩道があります。畑が広がるのどかなところです。

新座駅から1時間ほど歩いたら、とても広い敷地を有する平林寺に着きました。こちらは入り口付近の山門および仏門の風景です。

山門から回り込むと放生池があり鯉が放たれていました。進むと 松平信綱の一族の大きな墓がありました。

更に進むと境内の雑木林があり、紅葉が見どころを迎えてました。 また野火を見張ったという大きな野火止塚が残されてました。

武蔵野の雑木林がほぼ昔のまま保全されているのは素晴らしいことだと思います。平林寺で1時間以上紅葉を楽しんだ後、近くのうどん屋でお昼を取り、再び野火止用水を下りました。用水も南にいくほど開発が進んでおり、暗渠と流れを繰り返していました。平林寺から清瀬駅までは1時間半、快適な武蔵野歩きでした。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です