芸大の卒展は楽しい

昨日は季節の変わり目に時々起こるめまいで寝てたのですが、今日は復活して女房と東京芸大の卒展に行ってきました。

IMG_1996

卒展は都美術館と芸大の複数の展示場で開催されていました。土曜日ということもあり、沢山の人が来てました。既にイラストレーターとして完成している人、いまだ才能の発芽段階にある人、まるで意図も対象も分からない人など、様々な才能を見ることができました。なにかひっくり返したおもちゃ箱を見るようで楽しかったです。

目に止まった作品をいくつか。

IMG_1999

これはモノクロームのプリントの感覚が楽しい。

IMG_2001

精緻なタッチが凄い。

IMG_2002

洒脱なポートレート。

IMG_2005

無線で操縦でき、オルゴールのように音を奏でるロボット。

IMG_2007

三角に折りたたまれた絵本。

IMG_2012

技術の確かな工芸作品。

IMG_2020

エポキシにオブジェを封じ込めたクジラ。六道輪廻を表したものらしい。

IMG_2021

手に持った紙に言葉が書かれており、それを近寄って見ることで作品に関与することになる。簡単な仕掛けが効果的。

IMG_1997

友人の息子さんの作品。僕の理解を超えている作品のひとつ。束芋という作家のテイストに少し近いかもしれない。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です