唐松岳

唐松岳出発前に作ったテルテル坊主のおかげで、関東地方は晴れだったようです。

現地、出発点の黒菱平はと言えば、昼ごろには時々小雨が混じるあいにくの天候、それでも僕を含む10人のパーティは元気に唐松岳を目指しました。八方池を越え、潅木帯に入った頃から風雨が強くなり、唐松岳頂上山荘に近づく頃には雷も鳴り、急ぎ足で唐松岳頂上山荘に到着しました。

山荘は最近建て替えられたものらしく、きれいでした。相部屋の割り当てだったのですが、キャンセルが出たのでしょう、8畳の個室になったので、結構ぐっすり眠れました。夏の北アルプスで、8畳に10人なら御の字です。

日曜日は4時に起きるも濃霧。御来光登山は無理なので、朝食後に唐松岳を目指しました。山荘から頂上まではほんの20分。ザックを置いて登頂です。霧はかなり晴れてきましたが、山々の頂上は霧のベールに覆われています。でも時々は霧の晴れ間から、白馬3山や立山連峰の山々が威容を見せてくれました。

下りは曇、晴れ間、小雨が繰り返すような不安定な天気でしたが、登りよりはずっと好天で、道沿いの花々を写真に撮ることが出来ました。

ということでスカッと晴れはしなかったけど、雄大な北アルプスの景色を堪能し、事故もなく、念願の山と花を写真に納めて帰ってきました。

山編

花編

2件のコメント

  1. 山、いいね~~。
    雲海じゃないですか。
    雲海を見たのは、中学の時の九重キャンプと、富士山に車で行った時と、ジェットからくらいですね。
    山も登りたくなりました。

  2. 青空がなかったので、雲を撮りました(笑)

    山はいいですよ。テニスもゴルフもやりましたが、決して飽きることがないのが山です。来年は白馬岳に挑戦したいです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です