かぐや

JAXA(宇宙航空研究開発機構)が募集していた月面探査衛星の名前が決まりました。大方の予想通り、というかみんなこれしかないと噂していた通り、大本命の「かぐや」でした。

やっぱり月面探査ですから、日本最古の物語とも言われる竹取物語にまつわる由緒正しいこの名前しかないでしょうね。意外性はなかったけど、僕も納得です。

JAXAはそれまで非効率なことに3機関に分かれていた宇宙科学研究所、航空宇宙技術研究所、宇宙開発事業団が合体して2003年に誕生したのですが、それからは良くやっていると思います。ホームページもしっかりしてます。

。最近ではあの小惑星イトカワへの着陸を成功させた衛星「はやぶさ」の記憶が新しいですね。なぜか日本ではあまり騒がれませんでしたが、世界的にはすばらしい快挙だと言われているのです。その後いくつかのトラブルが重なったため、2010年予定のはやぶさの地球への帰還は困難だと言われていますが、ぜひ帰ってきて欲しいです。

今回の「かぐや」は、周回型で月への着陸はしないのですが、アポロ計画時には明らかにならなかった「月の起源」と「進化の謎」を探るのが目的です。最新の計測器で様々な観測を行うのでしょうが、僕が最も期待しているのは、ハイビジョンカメラで月から見た地球の姿を伝えてくれることです。

これまで宇宙飛行士と神様とかぐや姫しか見ることの出来なかった驚異の映像が、家庭のTVで見られるのです。

打ち上げは8月16日だそうです。みんなで応援しましょう。

探検

Posted by artjapan