氷川神社探訪

神社には色々な系列がありますが、スサノオ、オオクニヌシの系列は出雲以外でも重要な神社が色々あります。というわけで大宮の氷川神社に行ってきました。スサノオ系の神社として武蔵国で最も格調の高いところです。参道は2kmにわたって続きます。

摂社でなぜか最も大きなのが宗像神社です。

氷川神社の境内では宗像神社からの神池の眺めが一番良かったです。

楼門を入ると正面に舞殿があります。おみくじは「吉」、病気は「すみやかに快復すべし」でした。また東北が良さそうです。

 

氷川神社には珍しく雅楽の演者を模した土鈴がありました。

一番怪しげな人相の「納曽利(なそり)」という高麗楽(こまがく)の演者を買い求めました。

氷川神社を出て桜の散った大宮公園を散策して帰りました。この大きな公園もおそらく元は氷川神社の神域だったのでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です