人物画に挑戦

絵の教室では絵画クラスで風景とか静物とかを描いてますが、今回人物画の特別講座を受講しました。全3回でモデルさんを描きます。白黒デッサンとパステルの選択肢があったのですが、着物のモデルさんだということでこれまた初挑戦のパステルを選択しました。

建物とかの幾何学的な風景はあまり下書きもなく描くことができるのですが、人物は少しの狂いでも全体がだいなしになってしまうので難しいです。最初の日は鉛筆による下書きでした。講師から3箇所ほど比率、角度や長さなどのアドバイスを受けました。特に女性は思っているよりも肩幅が狭いのが分かりました。こちらが完成した下書き。

2回目はパステルで色付し、今日3回目で仕上げを行いました。講師からは影やハイライトの強調の仕方、色の使い方について主に指導を受けました。パステルは色移りがしやすいので、濁らないようにするのが一番気を使いました。

自分はあまり人物向きでないかもしれませんが、今後描く絵はただの風景でなく積極的に人物を登場させるつもりなので今回のレッスンはすごくためになったと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です