小石川植物園の温室

長らく工事していた小石川植物園のリニューアルが完成したので、紅葉狩りを兼ねて見学してきました。

新しい温室は新宿御苑の温室のように熱帯の色鮮やかな蘭が咲き誇るというような派手さがなく、小笠原諸島の固有の植物などを中心にあくまで研究や保存のための施設として再生されていました。それでも見慣れない植物、特に小笠原の植物が興味深かったです。

温室を出ると紅葉が出迎えてくれました。

園内の西端にはいつもは出口に使う茗荷谷への出口があるのですが、扉の故障で出られず紅葉を楽しみながら入り口に戻りました。

温室の完成とともに入場料が400円から500円に値上がりしましたが、年間パス(2500円)制度が始まったので次回からはパスを利用する予定です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です