水彩作品完成で花見をはしごする

絵画教室のチャリティ展覧会であるサムホール展の水彩画を約1ヶ月かけて完成させました。といっても作品は10インチタブレットより小さいくらいのサイズです。以前F4サイズで描いた「山と電車」をベースに、樹木や河原などの表現を変えました。時間をかけた分、マチエールなどに進化があると思います。

天気が良かったので、教室のある恵比寿から目黒に歩きました。目黒川の桜はすでに6部、7部の咲き具合でたくさんの人が花見にきてました。

自宅に帰る途中、石神井川の桜をはしごすることにしました。こちらも同じくらいの咲き具合ですが流石に目黒のような人手はありません。週末がピークでしょうか。