スイス旅行8(フィルストから雪渓をわたる)

4月 27

【6月27日】
この日も少しの雲があるけど相変わらず良い天気なので、グリンデルワルト北側のフィルストからのルートを歩くことにしました。町からすぐにロープウエイに乗っていけるので楽ちんです。


今回は体験しませんでしたが、フィルストにはワイヤーで滑空するなど色々アトラクションがあるようです。これは最近時計メーカーのTISSOTが構築した空中に飛び出した無料の展望台で、断崖の側面に続いています。



ここからの山と眼下の眺めを楽しんだ後、バッハアルプゼーに向かって歩き出しました。バッハアルプゼーまでは観光客でも誰でも行ける平坦な道です。

途中の岩場にかわいいマーモットが顔を出していました。リスの仲間ですが子犬ほどの大きさがあり警戒心が強くあまり近付けませんでした。

30分ほど歩くとバッハアルプゼーに到着。いくつかの湖と雪が幻想的な風景を演出しています。

ここからが本格的な登山道となります。例によってアイガー、ユングフラウなど、ベルナーの山並みを見みながらブスアルプスに向かいます。

雪渓を10個以上横切っていきます。涼しくて大変快適です。所によっては足元が悪いですが、危険はそれほどでもありません。

雪渓がなくなると広い斜面に出ます。こちらは水が流れておりもうお馴染みとなった花がたくさんありました。

斜面を降りると牛飼いの一群に遭遇しました。牛の横をこわごわ歩きました。

終着点のバス停の近くにあるレストランに入りました。

例によってローカルな料理とローカルなビールを注文しました。メニューの下から二番目のチーズとピクルスと卵を焼いたもので、地方料理だそうですが美味しかったです。

最後はバスでグリンデルワルトに帰りました。今回は比較的歩きごたえのあるルートで、景色も変化に富んでいて大満足でした。