東博で獅子に噛まれる

例年、僕の年始は正月から開いている東京都現代美術館に行くことからスタートするのですが、今年は趣向を変えて東京国立博物館に行ってきました。

正月に行くのは初めてだったのですが、さすがに国立博物館、お正月ならではの出し物を次々とやってくれました。まず和太鼓、湯島天神白梅太鼓という10人のきれいどころが本館前で本格的な和太鼓を披露してくれました。休む間もなく平成館ロビーで曲独楽の演技、演者はなんでもたけしの座頭市映画に独楽回しの役で出たことがあるそうで、話術巧みです。次のクラリネット演奏はスキップして、その間に考古学の展示を見た後、最後に縁起物の獅子舞を観ました。獅子が観客席に回ってくれたので頭をしっかり噛んでもらいました。これで今年も良い年になるでしょう。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です