比較優位について

池田信夫 blog : 内田樹氏の知らない比較優位 http://lb.to/ttwCMT

僕は内田樹氏の著作が好きだし、いつも彼の日本人論を楽しんでいる。だが、池田信夫氏が指摘しているように、彼が経済についてほとんど理解していないことは事実である。例えば比較優位という概念は、経済学の初歩だが別に経済学を学ばなくても昔からある種の知見(貿易の活性化は関わる両国を同時に豊かにする)として言われてきたことである。経済学はそれを単に数字で理論化したに過ぎないし、これを説明するのに難しい理論は全く必要ない。

僕は足し算引き算が理解できれば誰でも理解できるこのような一般概念は、高校で教えるべきだと思う。

そのように知的な枠組みをあらかじめ準備していれば、TPPによく見られるような不毛な二値論的かつ感情的な議論を少しでも回避できると思う。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です