入笠山

10月 26

24日(土)に入笠山に登ってきた。入笠山は南アルプスの北側にあり、標高は2,000mに少し足りないけど、360度のパノラマと6月のスズランでハイカーに人気の山である。

ゴンドラを使えば入笠湿原まで直行できるが、我々は沢入という標高1,500m弱のところに車を置いて登り始めた。既に紅葉が進んでいる。

IMG_0351


IMG_0418

途中で紅葉とシラカバの入笠湿原を一周する。

IMG_0393


IMG_0384

湿原からは40分ほどで山頂である。あいにく曇だったので、コントラストが出ないが、北アルプス、南アルプス、八ヶ岳それに富士山を、さえぎるものない文字通りのパノラマで見ることが出来た。

IMG_0434


IMG_0441


IMG_0436

山頂近くに一輪だけ、マツムシソウが咲いていた。

IMG_0449

今回一眼ではなく、おろしたてのCanonのコンパクトカメラG11を持っていったのだけど、風景は操作性といい、画質といい、文句なしである。正確ではないがファインダーも付いているので、とっさの時にはファインダーだけで撮って、ほとんどはずれはない。

接写については、手持ちではピントが一眼のようには決まらないことが分った。さすがに接写時のピントの追従性など、条件が悪いときに一眼との差が如実にでてくる。でもこの小ささに慣れてしまうと、山登りの時にだけはちょっと一眼には戻れない。

接写の仕方については、今後かなり工夫をする必要がありそうだ。でもそういうことも、趣味の世界だから楽しみのひとつなのだ。

読書

Posted by artjapan