礫川浮世絵美術館

連休でひましてたので、後楽園そばの礫川(こいしかわ)浮世絵美術館に行ってきました。ビルの5階にあるちいさな個人の美術館です。

ちょうどお気に入りの広重の前期の展示でした。季節柄、金太郎と頼光の絵柄から始まり、東都八景、江都八景、東都名所から東海道五十三次と、年代順に展示されており、数は少ないけれども、結構中身は充実してました。

館員の人が話し好きで、ここの東海道五十三次の「蒲原」は初摺りだとか、後の摺りはこんなところがまずいとか、色々解説してくれたので、気が付いたら最後に友の会(2千円の年間パスポート)に入会してました。

来月は広重後期の展示だし、職場も近いので、またすぐに来ることになりそうです。

季節柄といえば、近くの石神井川にはこいのぼりが泳いでます。(川の中には時々大きな錦鯉が見えます。)

e79fb3e7a59ee4ba95e5b79d

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です