奇妙な本棚

7月 22

この本も題名だけで借りました。どんな本棚だったかというと、予想に反して趣味的な写真がいっぱいつまった本棚でした。伴田良輔という人は良く知らなかったけど、とても文章がうまい。もしかして写真より、この人の解説のほうが面白いかもしれない。

僕は写真を撮るのは好きだけど、写真集って買った記憶がないですね。日常の風景から、はっとするような絵を切り取る写真家ってすごいと思いますが、僕が好きなのは、どちらかといえば自然をありのままに撮るたぐいの写真です。

山に登る数多い楽しみの一つが写真を撮ることです。山で出会う風景を淡々と撮っていくのが、僕のスタイルです。ここで道を間違えそうになったとか、お昼はおにぎりを食べたとか、後で思い出す手がかりになれば、それで満足なのです。土曜日は山の会で四阿屋山(あずまやさん)に登る予定だったのですが、荒天で中止となりました。福寿草が見られなくて残念です。