池田信夫さんのブログ

4月 25

僕はメディアに造詣が深いエコノミストである池田信夫さんのブログのファンです。彼の自由闊達な議論には、感心することが多いです。

久しぶりに見たら、彼の2004年8月からのブログをファイルにしてダウンロードできるようにしてありました。全部はまだ読んでませんが、今見ても抜群に面白いです。

さすがに古さを感じる場所も散見されます。例えば、Skypeを使ってみたけどスパイウエアの恐れがある、と書いてあったり、世界で最も緊急度の高い問題を議論するコペンハーゲン会議で、地球温暖化が最下位だったのは世界の経済学者のコンセンサスだと書いてあったり。

ちなみに僕はこの人のブログで、「資源配分の効率と所得分配の公平は分離可能だ」ということが経済学の教科書の最初に書かれているって初めて知りました(技術屋なもので・・・)。これって、常識なのですか?もしそうだとすると、日本の補助金行政なんて理論的に全くおかしいことになるのですが、その種の根本的な議論がメディアでも国会でも行われないのはなぜなのか?

この方のブログを読むと、日本の既得権だらけの行政の実態が良く分かります。その現実に暗澹たる気分になることもありますが、快刀乱麻の主張は気持ちよいです。僕は池田信夫さんのバックグラウンドである経済学についてよく分かってないのですが、彼のブログは僕にも理解できます。一読をお奨めします。

博物学

Posted by artjapan