ケイトウを描く

毎週絵画教室に行ってます。制作途中の画は都度持ち帰れるのだけど、制作はほとんど教室だけで行ってます。この教室では何ヶ月もかけて一つの絵を制作する方が多いのですが、僕の場合は水彩画だしデッサンは早いのでだいたい3回、つまり3週間で完成させてます。今回は教室にあったケイトウを題材にしてみました。2週間目には少し枯れ初めましたが初めに写真に撮っておいたので、後はipadを見て制作を続けてます。

使っている水彩絵具セットではケイトウに近い色がなかったですが、スタッフの方に「オペラ」という色を教えてもらいました。3回目で自分としてはもう完成形だと思ってたのですが、最後に先生からまだまだ改良ポイントがあるとの指摘を受け、来週先生の指導の元、最後の仕上げを行うことになりました。

ということでこれはまだ完成前の姿です。ちなみにケイトウはおなじみのトサカの形以外にも色々種類があるようで、球状のこれは久留米ゲイトウという種類みたいです。

ケイトウ(透明水彩)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です