スイス旅行4(ゴルナグラート展望台)

4月 27

【6月23日】
今回たくさんの展望台を訪れましたが、この日はその中でも最も名高いゴルナグラート展望台に行きました。天気は前の日よりさらに良くなって雲ひとつない快晴です。マッターホルンが目の前にそびえてます。

展望台のすぐ横をグレンツェ氷河が流れており、その向こうにカストール、ブライトホルンなどが見えます。

氷河の上流左側にはヨーロッパ第2の高峰モンテローザが見えます。

後日行くユングフラウヨッホもそうですが、良くこんな厳しいところに広々とした展望台を作ったものです。

展望台からの眺めを楽しんだ後、登山電車でローデンボーデンまで下り、そこからリュッフェルベルグまで湖をめぐるコースに入ります。ここは短く平坦なので多くの観光客が歩いています。相変わらず真っ青な空を背景にマッターホルンが湖面に映えます。

ほとんどの観光客はリュッフェルベルグから登山電車に乗り込みますが、さらに歩いて前日の目的地と同じリュッフェルアルプまで下りました。こちらはある程度の標高差があり水が流れているため花がたくさん咲いていました。

リュッフェルアルプの近くには山岳レストランがあり、賑やかな音楽がかかっていました。

ツェルマットに帰着後、町を散策しました。町の中心には緑の尖塔がある立派な教会があります。

協会の側にはマッターホルンなどで命を落とした登山家たちの墓がありました。