板橋の温泉

今日はOWCの三ツ峠山行が中止になったので、地元の温泉に女房と行ってきた。行ったのはさやの湯処という板橋の温泉なのだが、これが意外に本格的な温泉だったのである。

建物はどうやら旧家を改造したらしく、和風の立派な建築で、静かで落ち着いている。温泉は単純アルカリ泉の強塩性で、しばらくいるだけで、口が塩辛くなってくる。結構強力な成分で、湯あたり気味になってしまった程。風呂上りにレストランでそばを食べたのだが、セルフサービスで安いのだが、美味しかった。

帰りの精算もバーコードによるセルフ精算で、徹底的に省力化出来るところは省力化してコストを抑えつつ、風呂や館内施設はきれいにメンテされている。このコンセプトの徹底したところがとても心地よい。とくに余計な設備や音楽がなく、静かなのが気に入った。

これからも山行が雨中止などの時は、ちょくちょく行ってみようかなと思っている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です