丹沢の果てを歩く

昨日は山の会で丹沢の西の果てを歩いた。丹沢山系の山というと大山とか塔ノ岳などの東山系の山々がすぐに頭に浮かぶが、西の山系は実は富士山のすぐ東側まで続いている。

今回はその西山系の西端、明神峠から三国山を経て立山に至るトレイル。ブナ林の新緑が心地よかった。

唯一残念だったのが目の前に悠然とそびえるはずの富士山が、雲に覆われて一度も見えなかったこと。

今回は幻想の富士を頭に浮かべながら下山したのだが、またいつか同じルートで現実の富士を見てみたい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です