久しぶりの山行の話など

相変わらず余震が続く状態だが、ついに福島原発がレベル7となった。大規模な爆発で放射性物質が撒き散らされたチェルノブイリ程の事故ではないが、ランク的にはそれと同じ最高値の、いわば地球的なレベルの事故と認知されてしまった。

放射線レベルが減少の方向に転じ、汚染水の移送が始まり、収束の希望が見えてきたところだっただけに残念だ。原発の事故の広がりの主因は明らかに初動のミスにあったが、今は改めて犯人探しをする気もしない。

土曜日の山行が雨で中止になったので、日曜日に有志3人で土曜日に登るはずだった仏果山に登った。橋本駅からほど近いアクセスの良い山である。天気がいまいちだったが、標高差が約500mと、足慣らしとしては申し分がなく、駐車場の桜も満開だった。

最近実はマスクをしている。放射能よけ?と言われそうだが、実は花粉症の予防だ。女房から聞いた話だが、ピロリ菌を除菌した人は花粉症が発症することが多いとのこと。今までピロリ菌に掛かり切りだった免疫システムが、ピロリ菌の代わりに花粉症に対して反応するということらしい。

花粉症かピロリ菌かという2択だとメリットは微妙だが、僕の場合はずっと苦しんできた口内炎がぴたっと治まったので、除菌のメリットが大きく上回ると思う。山行中もマスクをしてたのだけど、途中で苦しくなってやめてしまった。来年あたり花粉症の発症となるかも知れない。