四阿屋山

昨日は山の会で、秩父の四阿屋山(あずまやさん)に行ってきた。標高771mと手頃な高さにセツブンソウの季節ということで、ハイキング気分で出かけたのだが、それが油断だった。ハイキング用途の靴を履いていったのだが、これが大失敗。山道に雪が残っていたため、ズルズル滑って疲れることはなはだしい。しかも山頂直前に思いがけず、狭く長い鎖場が待っていた・・・。

でも山頂からの眺めは素晴らしい。これが二子山、その名のとおりの特異な山容である。

こちらは両神山。美しく整然としている。

そして武甲山、東から見ると痛々しい山容も、こちらから見れば古来のままの男性的な形を保っている。

季節のセツブンソウは見当たらなかったが、ちょっと季節を過ぎたフクジュソウが咲いていた。

山の写真

Posted by artjapan