ハワイアン・パラダイス

連休前にちょっとばかり体調が悪かったので、連休はほとんど自宅と図書館の往復で終わってしまった。

歩いていける距離に3つの図書館があるのだけど、そのうち最も大きい赤レンガ図書館ではDVDも借りられる。例によってエルビスの映画「ガール・ガール・ガール」と「ハワイアン・パラダイス」を借りて、自宅でのんびり鑑賞である。以前見た「ブルー・ハワイ」と合わせてエルビスのハワイ3部作と言われてるらしいが、最初のブルー・ハワイが物語として良くできており音楽もすばらしかったのに対し、今回見た2つの作品は完全に2匹、3匹目のドジョウ狙いの粗雑な作りである。まあ風光明媚なハワイでエルビスが歌って踊れば娯楽として成立するのだし、見る方もそれ以上の何かを求めていたりはしないのである。

ということで、最近は単行本に限らず雑誌もDVDも図書館のお世話になっている。そもそも興味の対象が古代とか江戸なので、人から1週遅れ、2週遅れは全然気にならないのだ。消費に貢献してないのがちょっと心苦しいけど。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です