鳳凰三山

久しぶりの南アルプス、所属している山の会OWCの8名で行ってきました。ここのHPのスライドショーも僕がまとめてますが参加者の撮った写真を集めて作成したものです。facebookにも自分の数枚の写真をアップしたのですが、このブログには改めて個人の写真ギャラリーとしてまとめました。

標高1000mくらいの青木鉱泉から登り始めます。初日は鳳凰小屋に泊まり、翌早朝から鳳凰三山として知られる地蔵岳、観音岳、薬師岳という標高2800mくらいの3つの山を縦走します。ドンドコ沢コースと呼ばれるとてもきついコースです。

一路、標高2380mの鳳凰小屋を目指します。登山道はほとんど直登であまり整備がされておらず倒木は数しれず、点在する沢や岩場を越えていきます。途中でとても立派な3つの大滝を通過します。特に南精進ヶ滝は高低差も大きく、とても雄大な滝です。

標高差1400mの直登は久しぶりの体にはきつく、ほとんど這うように鳳凰小屋に到着。

写真はありませんが、夜は夏の大三角など満点の星空でした。翌朝は4時に起床し地蔵岳を目指します。朝食は小屋で弁当を作ってもらいました。

地蔵岳から三山の最高峰の観音岳、薬師岳と縦走します。背後には富士山がそびえ、南アルプスの最高峰北岳や甲斐駒ヶ岳がきれいです。

さすがに標高差1800mの下りは足に来ました。下っても下っても着かない感じでしょうか。下の写真のあたりから青木鉱泉のそばを流れる川が見え、もうすぐだと思ったのですが、実際にはここからさらに1時間半ほど掛かりました。

久しぶりに長い距離を歩き、苦しかったですが天気に恵まれ達成感の高い山行でした。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です