旧海軍司令部壕を歩く

那覇に宿泊の間は史蹟を見学したり、博物館行ったり、市場をぶらぶら歩いたりしてるのですが、これまでに一番印象に残ったのが、豊見城の旧海軍司令部壕でした。

image

ここは大戦中に日本海軍の司令部が置かれた場所ですが、大規模な地下壕が大部分復元されており、作戦室や暗号室、司官室など、がらんどうとなった部屋と地下通路を辿ることができます。

image

image

また大田司令官と幕僚が手榴弾により自決した際の壁面の傷が残っています。地上には小規模ながらも沖縄戦を伝える資料が展示されており、大本営がいかに無情で過酷な戦いを沖縄に強いたかが分ります。

image

image

ここはひめゆりの塔と違ってガイドブックにほとんど載ってないのですが、ひめゆりとはまた違った形で戦争の悲惨さを伝える史蹟として沖縄旅行の際に是非立ち寄って欲しいです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です