1Q84 BOOK3

Book3にはBook1やBook2を読んだときのような驚きとかワクワクする感覚がなかった。村上春樹が創りだしたこの、月が二つあり、小人がひそむ奇妙な世界が、既に住み慣れたものに思えてきたのだ。

淡々とした展開の後、主人公の二人はついに運命の出会いを果たし、その運命はある種の解決に至り、Book3は終わる。つまりBook3でロマンスの物語としては終わってしまったと言える。謎を全て残したままだが。

まだ見ぬBook4ではもちろん謎が解かれることになる。二人は謎が明らかになることに伴う世界のきしみに翻弄され、ふたたび冒険の時空を駆けることになるのだろう。

いや、それは普通の物語作法だ。たぶん村上春樹はそんな単純な仕掛けで終わらせはしない。どうやらBook4が刊行されたら、書店で買い求めることになりそうだ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です