庭園美術館

アート

GWも後半だが、ボランティアで東北に行く訳でもなく、遠出も1度きりでひたすら近場で過ごしてる。つまりは消費にも貢献せず世の中の役に立っていないのが情けない。アート三昧としゃれるのも一興だが、GWにおける有名美術館の混雑は並ではない。なので、今日は女房と白金の庭園美術館に行ってきた。

 

 

 

展覧会は「森と芸術」という大まかなテーマで、時代も流派も様々なアート作品が集められていた。僕の興味の領域のものではルソーが1点、マックス・エルンストの作品が数点、それから岡本太郎の写真と絵画が出ていた。でも今回一番良かったのは、庭園散歩後の併設レストランのランチだったかもしれない。もっともここのレストランの料理は、盛り付けが上品過ぎる。要するに量が少いのが不満ではある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました