リコーCX3

父の使っていたカメラを実家から持ってきたので、一眼とコンパクトカメラがそれぞれ3台づつ、計6台という布陣となった。誤算だったのが、山用にと買ったCANONのコンパクトカメラのG11が、山に不向きの機種だと判明したことである。

もちろんCANONが大きな撮像素子に画素数を抑えて低感度特性と画質にこだわったフラグシップモデルなので、画質はコンパクトデジタルとしては最高クラスである。問題は、山という特殊な用途に不向きだということだ。まず動作が全体にもっさりしている。機能的には1Cmのマクロ機能があるのだが、これが意外に合焦ミスが多い。例えば白馬岳はオリンパスの一眼を、蝶ヶ岳にはG11を持っていったのだが、白馬の花写真は問題なかったが、G11で撮った蝶ヶ岳の花の写真は半分近くがピントをミスっていたのである。

山では同行者もいるので、ゆっくり写真をとる余裕はない。ぱっと取り出してさっと撮る、ということができないと、いくら画質が良くても山カメラとしては失格なのだ。明らかにG11を山用に買ったのは失敗だった。

ということで、色々と悩んだ挙句、G11を上回るマクロ性能と軽快な動作で定評のあるリコーのCX3を買ってしまった。CX3は最近はやりの裏面照射型CMOSの撮像素子なので、技術的に完成されていないところもあると思ったのだが、実写画像を比較してまずまずの画質を確認して決断した。

これで手持ちが7台となってしまったので、ちょっとカメラの整理をするつもりだ。