自転車のワイヤーは強力だ

4月 14

CIMG0698-002

最近自転車の変速機関係を中心に整備しているのだが、どうも変速の調子が上がらない。色々調べたが、古いシフターとワイヤーはそのままにして変速機の調整をしていることに問題があるらしい。思い切ってワイヤーを取り替えてシフターもオーバーホールすることにした。ところがシフターがかなり細かい作りになっていて、小さなネジを4本外してやっとワイヤー交換ができることが分かった。ネットで調べても同じシフターの記事はなく、ほとんど勘でオーバーホールを行った。

ところが最後に新しいワイヤーに付け替えるところで、思わぬ事態が生じた。ワイヤーにはアウターワイヤーとインナーワイヤーがあるのだが、アウターワイヤーを所定の長さに切ろうとしても、自分のニッパーでは全く歯がたたないのだ。どんなに力を入れても、外被に傷が付くだけで、スチールで編まれた内部はほとんど無傷である。結局今日の作業は中止とし、明日専用の工具を買い求めて再度作業を行うことにした。登山と同様、自転車の道も奥深い。