土偶土鈴の謎

土偶のデザインには何か人間の根源的な生命とか力とかを感じます。ハート型とかビーナス型とか祈りのポーズとか、いくつか面白いデザインがありますが、何といっても強烈な印象を与えるのが遮光器土偶でしょう。 青森県の亀ヶ岡遺跡で見...

出雲と大和展

今日は午前中は絵の教室でした。初めての油絵に挑戦しているのですが、下書きの段階で細かいアイデアが出てきて収束せず、今回も絵具を乗せる段階に移行できなかったです。 午後は天気も回復したので東博で開催中の「出雲と大和」展に行...

力士の埴輪

高崎紀行

埴輪で有名な八幡塚古墳を中心に高崎市周辺の古墳や史跡を歩きました。はじめに訪れたのが少林山達磨寺。紅葉は見頃を迎えてました。 この寺の裏手には小規模の古墳があります。おまんじゅうのような形がユニークな天頭塚古墳です。内部...

古い古墳と神社を歩く

高野山の帰りに奈良に寄り、大和朝廷最古期の古墳と神社を訪れることにしました。桜井市から北の方向に「山の辺の道」という古墳時代から奈良時代の観光ポイントをつなぐ道が伸びており、その道を中心に歩こうと思ったのですが、天気が悪...

國學院大學博物館

今日は恵比寿の絵画教室の後に、歩いていける國學院大學博物館を訪れました。 ここは規模は大きくないですが新しく美しい展示スペースがあり、特に考古学と神道に関するコレクションが充実しています。   考古学セクション...

アンコールワット

12月のベトナム旅行の最後にカンボジアに足を伸ばし、2日間でアンコールワットおよびアンコールトム周辺の遺跡を巡りました。 観光客の中には遺跡疲れする人もいるようですが、考古学マニアの僕には至福の時間でした。タイムカプセル...

2000年前の平壌

昨日は僕が所属する「考古学を科学する会」の親会である「東アジアの古代文化を考える会」の講演会を聴講しました。議題は楽浪郡の統治戦略に関するもので、専修大学の高久先生による講演でした。 前漢によって設置された楽浪郡は卑弥呼...