長崎神社

今日はタイヤ交換の効果を試すべく、自転車で比較的近くしかも訪れたことのない神社を訪問しました。最初に目指したのが池袋駅の西南、池袋線の椎名町駅近くにある長崎神社です。快適に走って神社周辺には30分ほどで到着しましたが、その手前に立派なお寺があったのでまずそこに寄ってみることに。真言宗の金剛院というお寺です。

境内に入ると若い弘法大師の像があります。

手水舎の前には精悍な目をした猫がいました。

弘法大師像横には石を持ち上げたときの重量感で吉兆を占う「おもかる地蔵尊」なるものがありました。残念ながらコロナの影響で触れませんでした。

境内にはその他にも阿弥陀如来など色々な仏像があり、楽しいといっては失礼だけど洗練されたお寺でした。

奥の長崎神社は対象的に素朴な雰囲気の神社でした。主祭神はスサノオと大蛇退治のヒロイン、クシナダヒメです。

主祭神にも関わらず、境内はむしろ村の鎮守というような農村的な懐かしい雰囲気に満ちてます。

稲荷社もあります。ここは狛犬といい狐といい、躍動感にあふれていますね。

毎年5月第2日曜には古くから続く獅子舞が練り歩くらしいです。今年は10日ですが実施されるのでしょうか。実施されるならぜひ見てみたいものです。

次は長崎神社から池袋線沿いに走って、江古田駅近くの浅間神社を目指しました。日大芸術学部の近くです。

なぜここに寄ったかというと境内に富士塚があるからです。

富士塚の入り口は鍵がかかっていました。

残念ながら富士塚には年3度しか入れないようです。

横から見た富士塚は植物で覆われ、森のような景観となっていました。次の機会は7月1日、富士山の山開きと同じ日です。ここもできればその時期に訪れてみたいところです。

今回15kmほど走ってみましたが、28mmから35mmとタイヤを太くした効果は抜群で、道路の少しの段差や窪みを気にする必要がなくなり走行時の不安が減少しました。これから自転車での外出が増えそうです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です