東京大仏

8月 29

外出自粛とはいえ人のいないところを歩いている毎日、それでも時間が余るのでブログのサーバーをメンテすることにしました。3年ほど前にも行いましたがサーバーのソフトであるPHPとデータベースを最新版に更新します。

案の定PHPの更新からつまずきました。しかしすぐに問題点が分かり、解決。問題はデータベースです。lollipopという格安のレンタルサーバーのしかも下位のプランなのでデータベースを一つしか持つことができず、データベースをうまく更新できなければブログが最悪の場合消滅するリスクがあります。

データベースはまず現在のデータファイルを保存し、データベースソフトを更新、データファイルをインポート後、関連パラメータを調整する手順となります。前回もそうだったのですが、データをインポートする段階でエラーメッセージが出てしまいました。この問題はデータのファイルの書き換えを何度やっても解決できず、結局自動バックアップされた少し古いデータファイルを利用してなんとかインポートできました。その他もマイナーな調整とか勘違いとかあったのですが、全て解決してブログの中断は丸一日くらいでした。ただデータファイルが数日前のものだったので、ブログの記事がひとつ消失しましたがかすり傷といえるでしょう。

ということで今回は更新されたサーバーの最初の記事を書くべく、近場の東京大仏を訪れました。

東京大仏は板橋区の高島平近くの赤塚にある比較的新しい大仏で、知らない方も多いと思います。お寺の正式名は浄蓮寺、浄土宗のお寺で室町時代応永年間の創建です。

大仏は昭和になって作られたようで高さ13mくらいだそうです。

境内にはたくさんの仏像が立ち並んでます。

植木の間にも色々な文殊菩薩や三途の川に渡る時に服を脱がされる奪衣婆など、様々な像が隠れています。これらの仏像は、藤堂高虎が朝鮮から持ち帰ったと言われてるそうですが本当でしょうか?

建物も立派です。

サーバーのメンテで少しは画像の表示が早くなったのではないでしょうか。