東博で紅葉とジャズを楽しむ

上野の東博の庭園に紅葉を見に行ってきました。金曜日の夜はいつもアゴラの読書塾に参加しているので、午後遅く行くことにしました。日差しが少ないのが残念ですが、上野公園のイチョウは見頃を迎えていました。

本館の前まで来ました。

本館の裏の庭園は既に紅葉の世界でした。

建物を取り囲むように紅葉が広がっていました。

枝の広がり方がアートな木。

紅葉散歩の後に東洋館の「人、神、自然」という展示を見ました。撮影不可なのは残念ですが紀元前の素朴な宗教的アイコンが興味深い。

平成館の考古展示も見て帰ろうとしたら「5時から平成館前でジャズの演奏があります」とのアナウンスが有りました。せっかくだから時間の許す限り観ていくことにしました。5時とはいえすっかり暗くなっています。

寒さしのぎに出店でお汁粉を買いました。

屋外の会場はほぼ満員だったけど座ることができました。最初は「ブルームーン・カルテット」という名前のバンドでした。陽気なおじさん達がディキシーランド・ジャズを奏でて楽しかったです。

おぼろ月が上にかかって寒くなったので、このバンドの演奏後に引き上げました。このようなジャズの屋外演奏は東博として初の試みだそうで、偶然にですが観ることができて良かったです。

日常の写真

Posted by artjapan