ソール・ライター展を見て

ソール・ライターは1950年頃からファッション・カメラマンとして活躍した写真家です。ライターはその後1980年台には商業写真の世界から姿を消し、いつか忘れ去られていったのですが、2006年に出版された写真集が大きな話題となり、伝説の写真家となって蘇りました。今回、Bunkamuraで日本初の回顧展が行われるということで、最近ほとんど行くことのない渋谷まで行ってきました。

生涯をほとんどニューヨークのイースト・ヴィレッジで過ごしたというライターの作品は、時に鋭敏、時に斬新な構図の中にも常に叙情性をたたえています。落ち着いたモノクロームの作品も素晴らしいが、晩年のカラー作品では色への感動みたいなものが作品に充満します。

ライターは画家でもあったのですが、ある時に写真と絵画との関連について問われ、「写真は発見であるが、絵画は創造であり、それらは別物である」という趣旨の回答をしたと伝えられています。写真が発見であるというのはライターの本質を良く表していると思います。

最後に今日渋谷で撮った写真を2枚。2枚目はスクランブル交差点で信号が変わると同時に走り出した外国人を見てシャッターを切ったものです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です