フォトジェニックな護国寺

自宅近所はほとんど歩きつくした感があるので、最近の散歩は一旦電車で自宅を離れてから歩いてます。今日も連休近場の原則に従い、カメラ片手に池袋から南の方に歩きました。もう昼時だったので最近話題となった東池袋の大勝軒に寄り、有名なもりそばをはじめて食べました。ラーメンの薀蓄はないので味はよく分かりません。大勝軒からさらに南に歩いて不忍通りとぶつかるあたりに護国寺があります。五代将軍徳川綱吉が生母桂昌院の願いにより創建した大寺院にも関わらず、あまり観光スポットとして認知されていない感じです。境内はとても静かで余計なものや類型的な事物が少なく、僕好みの被写体がありました。

満開のつつじ越しに見る不老門、なぜか階段の上に建ってます。

IMG_4270

仁王門には重文の金剛力士像があるのですが、後代に建てられたと思われるこの像もなかなか良い雰囲気です。

IMG_4273

壮大な本堂を裏側から見守る如来。

IMG_4288

左手には本体を申が支えているという、とても珍しいデザインの庚申塚がありました。

IMG_4285

右手の方には太子堂や一言だけ願いをかなえる一言地蔵、ちいさな磨崖仏など、興味深いオブジェがあります。

IMG_4305 IMG_4316 IMG_4325

マリアを思わせる造形の地蔵像も。

IMG_4328

ここの猫はなんかのんびりしてます。

IMG_4320

美しいスタイルの多宝塔。

IMG_4332

桂昌院が寄贈したと伝えられる手洗水盤。

IMG_4338

入り口近くに富士塚がありました。もちろんこちらの富士山にも登頂して帰りました。シャクナゲがきれいでした。

IMG_4339 IMG_4341

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です