マクロレンズで御苑を撮る

少し前、ほとんど使わないレンズとカメラ本体を売却したのですが、今回更に整理し、結果として以下のような実用性を重視したシンプルなラインナップとしました。

一眼:本体Canon EOS70D、Canon 18-55mm標準ズーム、Tamron16-300mm高倍率ズーム、Canon 50mm単焦点、Canon 60mmマクロ

ミラーレス:本体Nikon V2、10-30mm PD-ZOOM

コンパクト:Canon S120

今日は新たに導入したCanon 60mmマクロを片手に、新宿御苑に足を運びました。気温が上がり、ハクモクレンやキブシなどの花が見ごろを迎えてます。

ハクモクレン

ハチジョウキブシ

ウメとカンザクラは少し時期を過ぎました。

ウメ

カンザクラ

シダレウメ

花びらのじゅうたん

池の近くには僕の好きなマンサクが、大木戸門の近くにはツバキが花をつけてました。

マンサク

ツバキ

最近主力で使っている高倍率ズームは全域で40cm以下まで寄れるので、マクロとしても使えます。でも専用のマクロレンズは当然だけど解像度が違うし、なにより背景がすっきり整理されますね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です