ヒルズの「LOVE展」

今日は六本木ヒルズに女房と出かけました。目的は六本木ヒルズの森美術館で開催されている「LOVE展」を見ることと、天気が良かったので、ヒルズの屋上展望台「スカイデッキ」から東京を眺めてみようと思ったからです。

びっくりしたのは、平日なのに森美術館のチケット売り場が混雑していたこと。10周年を迎えたというのに、人気が衰えないのはすごい。といってもどちらかといえば僕はミッドタウン派ですけど。

展覧会ですが、愛の様々な形を扱ったキューレーションも作品の質も悪くはなかったけど、ちょっと無難というか、予想の範囲内の展示だったかな。ただ、草間彌生の、例によって増殖するイメージによる鏡の部屋は面白かった。この人の作品のパワーは圧倒的で、一緒に展示されていた大御所のダリにもキリコにもマグリットにも引けを取らないどころか、観客に悪夢を持ち帰らせるだけのパワーが健在だ。

初めて行った屋上のスカイデッキはさすがにがらがらで、スカイツリーやお台場を眺めて楽しかったですね。最後にモッツアレラ・バーで食事をして帰ったけど。やっぱり出歩くのは平日に限る。

ヒルズにはめったに来ないので、スナップをパチパチ撮って来ました。街歩きの場合、フィルターかけることが多くなったこのごろです。

森美術館への回廊
森美術館への回廊
DSC_4102
トーンをいじってます
DSC_4111
スカイデッキから新宿方面を望む(フィルターなし)
DSC_4115
粒子を強調
DSC_4137
ヒルズのパン屋さんのインテリア
DSC_4143
ガラス越しの風景
DSC_4150
これもトーンをいじってます