としょかんねずみ

いかにもアメリカの絵本。「ペツェッティーノ」のようなアートとしての要素は皆無だが、こどもが楽しく読める本だ。もし日本で作られていたら、もっとねずみは可愛いらしいか、あるいは逆にアバンギャルドになっただろう。

絵本にもやはりお国柄がある。

絵本

Posted by artjapan