帰省して唐津くんちに行く

2日夜から福岡に帰省していた。帰省にかけての温泉旅行第2弾だ。前回は湯布院、黒川温泉というメジャー路線だったが、今回は古湯温泉という佐賀のちょっとマイナーな温泉。

丁度唐津くんちが行われていたので、見物していくことにした。いろいろな山車が出ているが、やっぱり鯛がかわいい。

泊まった旅館は食事も良かったし、37度前後に抑えた露天風呂も好みだったのだが、前回同様客が少なかった。前回は明らかに震災直後という時期が影響してたが、今回はもしかしてラジウム温泉というのが影響しているのかもしれない。そうだとしたら風評被害ということになるが・・・。

翌日は帰りの道沿いの野河内という、あまり知られていない渓谷に寄って帰った。大きな通りのすぐそばなのだが、渓流沿いに撮影スポットが点在する場所だ。

渓谷入り口にある食べ物屋からは小さな滝が見える。ここで食事をしていたらカマキリが顔をだした。

道沿いの地場のマーケットを覗いたら、ヌベという食べ物が売っていた。ためしに買ってみたが、東南アジアの食べ物といった感じ。外皮部分は食べられず、中身は結構甘かったが種が大きく、食べるところはほとんどなかったのはご愛嬌である。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です