大岳山と玉堂美術館

 

土曜日は山の会で大岳山に登ってきた。大岳山は有名になりすぎて原宿状態となった高尾山の代わりに、ケーブルで行ける山として人気となった御岳山から歩く。

その途中に鍋割山なんかもあるし、帰りは日の出山方面などにも抜けられるのだが、今回は御嶽駅に集合、バス、ケーブルを乗り継ぐが、御嶽神社には寄らず鍋割り山もスキップして大岳山に向かい、帰りにロックガーデンを経由して再びケーブルを利用して御嶽駅に帰ってくるというコース。意外に距離があり、歩きがいのあるコースである。

やや霞んでいたが天気は最高、頂上では富士山はもとより、奥多摩と丹沢の山々がぐるりと見渡せた。しかし、頂上は人で大混雑。改めて登山ブームを実感した。頂上の少し下で昼食をとった後、ロックガーデンに向かった。10年くらい前に来て以来だったので、記憶が薄れていたが、流れに沿って歩けるし、滝もあるのでなかなか良い所である。人が多いのがたまに瑕だが、久々の週末の晴れなら仕方ない。

ロックガーデンからの帰り道に、ヘリコプターが大岳山を目指して来るのが見えた。その後青梅の消防署や警察の救助隊が駆けつけてきており、どうやら滑落事故が起こったようだ。大岳山の最後は少し険しい登りがあるが、事故の可能性はほとんど気にもならなかった。どんな身近な山でもリスクはあるものだと、一同気を引き締めた次第。

比較的早めに下山できたので、最後に僕は皆とわかれて、御嶽駅すぐ近くの玉堂美術館に寄った。玉堂と弟子の江中という人の師弟展というのをやっていたが、正直あまりお弟子さんの作品に興味はない。今度は玉堂だけの展示の時に寄りたい。とにもかくにも、この日は山歩きとアートの両方を楽しむという贅沢な日だった。

[nggallery id=31]

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です