鬼子母神のイチョウ

雨で山歩きの中止が続いているおり、歩かないと体がなまってしまいそうなので、池袋に買い物に出たついでに雑司ヶ谷方面に歩いた。

池袋駅から10分くらい歩くと、もう都電雑司ヶ谷駅に着く。このあたりには小泉八雲初め多くの作家が眠る雑司ヶ谷霊園があるが、お墓には興味がない。そこから電車で一駅で鬼子母神駅だ。距離的には電車に乗るまでもないのだが、久しぶりに荒川線に乗りたかったので、ひと駅乗ってしまった。でも久しぶりに乗った電車は、ピカピカの新しい車両だった。もうあの緑色の電車はないのだろうか。なんだか残念だ。

雑司が谷駅からけやき並木を5分ほど歩く。

すると、もう鬼子母神堂だ。

お堂の前のイチョウが大きくて素晴らしい。都内では麻布善福寺のものに継ぐ大きさらしいが、ここのパワーは間違いなくイチョウが発散している。

境内に昔ながらの駄菓子屋さんがあったので、ラムネを買った。昔ながらのビー玉がはいっているあれである。

鬼子母神は街歩き関係のグループで賑わっていたが、僕は散策をあっさりやめて池袋に歩いた。イチョウのパワーを得たからもう満足なのである。なんとも淡白な街歩きだった。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です