ん 

山口謡司の「ん」 日本語最後の謎に挑む 新潮社

ひらがなの最後の「ん」。この本は「ん」成立に関するいくつもの謎について著した本である。「ん」の成立には、時期や発明者というような直接的な謎もあるが、「ん」が古代にはどう発音されていたかとか、そもそもなぜひらがなのシステムの一部としてそれが登場する必要があったのか、というような言語学的な謎がある。

その議論の中で面白かったのが、「上代特殊仮名遣い」の解釈である。古代では万葉仮名の22文字に甲類・乙類の2種類の書き分けがあったことが知られているが、山口謡司はこれが帰化人達の母国語である、当時の中国語の音の差異が反映したものであるという。つまり日本人が意識して発音や書き分けをおこなったものではなくて、中国人が別の言葉として聞き分けたということなのだ。

これはとても説得力のある解釈だ。僕が単に直感的に感じるだけだが、まず間違いないと思う。試しにWikipediaで「上代特殊仮名遣い」を調べてみたが、そのような解釈は出てこなかった。ただし、Googleでさらに検索すると、「藤井游惟」という人が、同じ解釈を前提とした「白村江敗戦と上代特殊仮名遣い」なる本を出していることが分かった。

この説の最初の提唱者はどちらかよく分からないが、藤井游惟の本も面白そうなのでそのうちに借りてみようと思う。いずれの創見によるものであれ、これは学問上の大発見だと思う。たぶん学会で認められない種類の、数多い真実のひとつなのだろう。

読書

Posted by artjapan