ミステリー映画を観よう

山口雅也の「ミステリー映画を観よう」 光文社

たまにミステリー映画を見る。連休を前に山口雅也の勧めるミステリー映画ならはずれはないだろう、という単純な動機から読書ガイドとしてこの本を借りたのだ。でも彼の取り上げる映画は超マニアックなものばかりで、映画ガイドとしては的外れだった。エラリー・クイーンの希少なビデオの話や、ホームズやポアロのフィギュアの話なんかが延々と続くのである。

60年代のTVシリーズの話も出てきたが、僕の興味と重なるのでそこは楽しかった。当時人気があった「ナポレオンソロ」や「ハニーにおまかせ」はもちろん、一部にカルト的な人気を誇り、僕も大好きだったイギリスのTVシリーズ「プリズナーNo.6」の話も出てきたが、本題でないのでマニアックな掘り下げがなかったのが残念だ。

コレクターとかマニアではない僕のような普通の人にとって、マニアの世界の不可思議な生態を覗くことは、怖いもの見たさのようで楽しい体験ではある。

読書

Posted by artjapan