お江戸の絵画は大賑わい

日曜に板橋区立美術館で開催されていた「お江戸の絵画は大賑わい」展に行ってきた。

館の収蔵品である江戸時代の屏風や掛け軸の出品であり、狩野派、琳派、雪村、河鍋暁斎とごちゃまぜだが、気楽に楽しめる展示だった。無料なのがうれしい。

これは河鍋暁斎の龍虎図。写真撮影も可だ。

これは明治時代に酒井抱一に傾倒し、その画風を継承した酒井道一(手前)と本家の酒井抱一。酒井道一も本家と並んで展示されることになったのは本望だろうと思う。

帰りに図書館に寄ったのだが、途中の石神井川にはもう鯉のぼりが泳いでいた。

アート

Posted by artjapan