ラマンチャの男

僕はyoutubeで、昔のミュージカルのシーンを見るのが好きなのです。先日も色々検索していて、「ラマンチャの男」の舞台のビデオを見つけました。ブライアン・ストークス・ミッチェル扮するドンキホーテが、代表曲「Impossible Dream」を歌う有名な場面です。

まだ僕はこの舞台を見たことがないのですが、この曲「Impossible Dream」は既にスタンダードとして多くの歌手がカバーしており、僕のお気に入りの曲のひとつなのです。ブロードウエイのオリジナル・キャストはリチャード・キーリーという人で、その人のビデオもyoutubeにアップされてますが、僕が思うに断然ミッチェルの歌の方が素晴らしいです。

「不可能な夢を見、倒すことのできぬ敵と戦い、負うことのできない悲しみを負い・・・」
と騎士のみに与えられた使命を果たすことを誓うドンキホーテ、でも彼はそれが不可能なことを知っている。その不可能性があるからこそ、そしてそれをドンキホーテが自覚しているからこそ、このミュージカルの悲劇と喜劇が見事に交錯するのです。

この曲の日本語題は「見果てぬ夢」ということで、素敵な題名なのですが、それでは、このミュージカルの本質から離れてしまいます。ですから本当は、「かなわぬ夢」がふさわしいと思います。

松本幸四郎の舞台も素晴らしいとの評判ですので、次の公演で見たいと思ってます。あ、それから久しぶりにCDを注文してしまいました。もちろんミッチェル主演のブロードウエイ・キャストの録音です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です